【解説】住所固定の為のバーチャルオフィスの活用方法とは?

【解説】住所固定の為のバーチャルオフィスの活用方法とは?

バーチャルオフィスを有効に活用する方法とは?


・バーチャルオフィスの最大の利点

→ホームページに個人情報を掲載することなく、住所をそのまま使用したり、その住所で法人登記できる点

特に以下の2点については、先々の働き方や事業運営の方向性を考えるきっかけとして大切かも知れません。

①本籍地を固定する

思い切って起業をして、もう今後はサラリーマンに戻らないと決めた場合でも、収入の安定までには暫く時間的にかかる場合が多いです。

問題は、会社の住所も頻繁に変わってしまう可能性があること。立地条件など、自分にとって理想的なオフィス環境を創るのは簡単ではありません。事業の成長に伴い身の回りに起こってくる様々な現象は予測する事は非常に難しいのが現実。起業当初はどうしても不安定な状況が続きます。

そこでバーチャルオフィスの特徴である、住所をしっかり固定する事が出来る特徴を活かすことが出来ます。

本籍地をバーチャルオフィスで固定し、一番最初に作った名刺で当面をしのげる状況を作るという意味でのバーチャルオフィスの活用は検討の余地が十分にあると思います。

②郵便先を固定しよう

例えば追加の法人口座の開設が必要になった場合や、法人クレジットカードの申し込みなどなど、法人としてのフェーズが進んでいけば進んでいくほどに郵便先がコロコロと変わってしまう状況は色々と面倒です。

本籍地と郵便先の固定をバーチャルオフィスを利用することによって実現→実際の執務環境とは切り離して考えておくことが後々のトラブルを避けるためのリスクヘッジになります。