【解説】低リスクでの東京への進出する為の最適解とは?

【解説】低リスクでの東京への進出する為の最適解とは?

低リスクで東京へ進出するならバーチャルオフィス!


地元のマーケットだけでなく東京、全国のマーケットを開拓したいという想いがあっても、支店を出して東京進出となると、以下のようなリスクがあるのでどうしても踏み切れないと考える方もいるのではないでしょうか?

「オフィスの賃料、人件費による数百万くらいのコストが発生するのではないか、、」

このような想いを抱いている方の為に、以下の2点でバーチャルオフィスをおススメします。

1.東京のみならず全国を相手に事業を行うことが出来る

仕事を受注する側としてはもちろん全国の企業から依頼を貰いたいですよね。例えば地方に住所を置いている場合と東京に登記している場合を比べると、発注が入ってくる地域の範囲は東京の企業の場合が多くなりそうな予測が立つことは想像がつきやすいのではないかと思います。

2.地元での信頼性の向上
地方の地元で起業をした場合も考えてみましょう。名刺を交換した際、東京に支社を持っていたりするだけでかなりしっかりした印象になることはご理解頂けると思います。